HOME » 酒蔵だより»「純米主義」(小学館) 「食べものはかせになろう!2」(ポプラ社)に掲載

「純米主義」(小学館) 「食べものはかせになろう!2」(ポプラ社)に掲載

「純米主義」中野恵利・著(小学館)が発刊になりました。この本は浪花の日本酒カリスマが厳選した本当に美味しい日本酒61本というサブタイトルで中野さんの選んだ日本酒と蔵元のドラマが詰まった本です。

「純米主義」中野恵利・著(小学館) この本の「Sweet!&Lovely!~デザートな日本酒」のカテゴリーに弊社の「Spark RizVin(すぱーく り ヴぁん)(132P)が紹介されました。61蔵の超レア日本酒と蔵元のドラマを作詞家でもある著者が自由に自分の感性で表現されています。読み物としても面白く、またコラムには日本酒のまめ知識が存分に凝縮されており、日本酒ファンは必見の雑誌です。是非ページを開いていただく事をおすすめします。

もう一冊

「食べものはかせになろう!2 米・麦からつくる食べもの」 監修:石谷孝佑(ポプラ社) この本は小学生・中学生向けに米・麦からつくる食べものを、写真をふんだんに使いやさしく興味深く解説しています。米からつくる食べものの一つとして日本酒(14P)がサブタイトル「米でつくる日本伝統の酒」で紹介されていますが、弊社の辛口特別純米酒千曲錦と吟醸吉田屋治助、特別本醸造吉田屋治助が掲載されています。日本酒の造り方等について取材協力をさせて戴きました。

2冊とも対象者が違うにせよ日本酒への理解を深めていただく為に非常に有効な書籍だと思います。日本の国酒である日本酒は世界へ誇れる酒であり文化だと思います。日本酒のきめこまやかなまた多数のアミノ酸を含んだ複雑な味わいは、原料であるお米、仕込水、造り手である杜氏(蔵人)、その伝統の製造技術、さらには麹菌・酵母菌の作用等、いろいろな要素が詰まって創り上げた正に日本の誇る醸造酒だと思います。

是非、皆さんも色々な日本酒に関する雑誌が発行されていますので、知識を増やしながら日本酒を楽しんでは如何でしょうか。

4月18日(日)に千曲錦では新酒きき酒会を開催予定です。4月1日にホームページにアップする予定です。ことしも社内の桜の古木と共に皆さんをお待ちしておりますので宜しくお願い致します。