秋の風物詩「ひやおろし」が本日9月9日に解禁となりました2020.09.09

ホーム > 秋の風物詩「ひやおろし」が本日9月9日に解禁となりました

「ひやおろし」本日より販売開始です!
夏越したお酒は、ほどよく熟成し荒さが消えてまるみが出るため、古来より一番味が乗っている酒として、珍重されています。

弊蔵からは二種類の「ひやおろし」をご準備致しました。
■秋の限定酒 「ひやおろし」 720ml
 酒造好適米「山田錦」を49%精米し、醸した純米大吟醸酒。寒さ厳しい冬に杜氏が心を込めて
 仕込み、ひと夏を越して程よく熟成し「秋あがり」して、円熟した飲み頃のお酒に仕上がりま
 した。 米の旨みがあり、まろやかで芳醇な日本酒本来の深い味わいをお楽しみください。

■ダム熟成 「純米原酒 千曲錦 720ml」
 日本酒の貯蔵方法とダム啓発の一環として、佐久地域の酒造会社有志蔵が立ち上げた
 「佐久 SAKE Aging 研究会」の企画として発売する日本酒です。昨今の猛暑・酷暑に
 備えた新たな低温での貯蔵や熟成の管理がもとめられるなか、年間を通して温度変化の
 少ないダム施設を日本酒の貯蔵熟成場所として、南佐久郡佐久穂町の余地ダムの監査廊
 に約4ヵ月間、貯蔵・熟成させました。

尚、在庫がなくなり次第の販売終了となります。

お知らせ一覧に戻る